黒に関連する評判の良いお値打ち商品をお届けしています。



黒の商品一覧

黒に関連する好評判なお値打ち商品をリアルタイムでお届けします。

シャネルのマトラッセとは、ショルダーバックを指しています。 シャネルがこのショルダーバッグを提案したことにより、一躍人気モデルとなります。 このバックにはココ・シャネルが女性像が映し出されていたのかもしれませんね。 他にハンドバックとトートバックがあります。シャネル編みこみ、マトラッセミニボストンはエレガントスタイルにも、普段の可愛いスタイルにも似合います。 シルバートリミングがポイントに高級感と丈夫さをあわせ持つデザインです。 CCチャーム付きファスナーがシャネルの存在を引き立てます。 香水、NO5は1921年にシャネルが発表した香水です。 5番は有名な香水の1つで、その香りは官能的でボトルも美しく、香水の王様とも言えます。 上ではシャネルのNo.5を数滴だけ、の言葉は今やとても有名なセリフになっています。 香りは、香りと、コモロ諸島産のイランイランとアルデヒドの香りが漂います。

香水だけでなく他のシャネルのNo.5のラインでは、シャネルNo.5ヴェルヴェットボディクリームやシャネルNo.5センシュアルタッチ、シャネルNo.5ミルキーボディミストなど他にも様々なシャネルのNo.5が展開されています。 肌に、軽くパフでなじませるように使います。 テクスチャーは肌にうるおいを与え、シャネルの香りが優しく包み込んでくれます。 シャネル、クロエ、フェンディ、カール・ラガーフェルドのデザイナー、カール・ラガーフェルド。 シャネルを再興させた立役者、そして存在です。 カール・ラガーフェルドは、1938年にハンブルグに誕生します。 年、デザイン画を描くことが好きだったカール・ラガーフェルドは、14歳でパリに移住します。 1983年にシャネルのデザイナーに就任します。 シャネルでは、プレタ・ポルテ、オート・クチュールの両部門を手がけました。

このようにシャネルのデザイナー、カール・ラガーフェルドは能力をファッションブランドに費やし、成功した人物です。 華麗なシャネルが存在しているもの、彼なしでは深さがわかりますね。 シャネルは強烈なブランドです。 そのデザインセンスは真似のできない作品です。 彼女は、20年生まれるのが早すぎた、とよく話していたそうですが、きっと時代に生まれてもココ・シャネルは最先端に位置していたに違いありません。シャネルというブランドは、今から10年ほど前に大流行します。当時シャネルで全身を着飾って人をシャネラーと呼ぶほどの人気でした。シャネルは、気持ちをと掴んで離しません。このシャネルには深い歴史の物語があります。ココ・シャネルの生誕からカール・ラガーフェルド以降のシャネルまでの歴史についてお話したいと思います。 1883年8月19日、フランス西南部ソーミュールの救済病院で、父アルベール・シャネル、母、ジャンヌ・ドゥヴォールの、行商人の次女としてガブリエル・シャネルが誕生します。 1900年、当時17才、ガブリエル・シャネルの叔母、アドリエンヌとムーランの寄宿学校に入ります。 1901年、当時18才、ガブリエル・シャネルはムーランで衣料店のお針子と働きます。 私生児、イギリス人のアーサー・カベルに出会います。 1910年、当時27才、パリのカンボン通り21番地に、出資で帽子店シャネル・モードをオープンさせました。 この年、ガブリエル・シャネルはアーサー・カペルと恋仲に発展します。 帽子のほかに、開襟シャツ風の上着やウエストを絞らないデザインのスカートなどを並べました。トリコット地を使用してスポーティーな服を作り、シャネルのマリンスーツがここで生まれました。 1916年、当時33才、リゾート地であるビアリッツにメゾン・ド・クチュールをオープンさせます。 1921年、当時38才、ガブリエル・シャネルは香水、シャネルNo.5とシャネルNo.22を発表します。 この頃の恋のお相手だったディミトリ大公の影響で、ロシア風なものに興味を毛皮、刺繍などを取り入れたモードは、香りが漂っていました。