革に関連する評判の良いお値打ち商品をお届けしています。



革の商品一覧

革に関連する好評判なお値打ち商品をリアルタイムでお届けします。

エルメスのスカーフの魅力は 洗練されたデザインにあります。スカーフはスカーフとかけ方や、デザインにおいても時間を作成されています。 ロベール・デュマ・エルメスは、エルメスのスカーフ部門に力を注ぎました。 絵柄の技術はシルクスクリーンで表現。 洗練されたデザインと、鮮やかな色彩は、一枚一枚にストーリーを存在させました。これがエルメスのスカーフなのです。スカーフの特徴は 鮮やかな発色、そして専属のデザイナーが描いた絵柄です。 スカーフは時代に必須アイテムと言われました。 その頃から現在に至るまで、ヨーロッパ旅行のお土産としてもエルメスのスカーフは定着しています。 春夏と秋冬の2回、新作が発表され、エルメスファンには待ち遠しい新作紹介になります。 デザインであることに加え、親子二代で使えるスカーフをエルメスは目指しています。 エルメスのスカーフ紹介です。 ■商品ナンバーTA2034 (MECANIQUE DU TEMPS/時の仕掛け)このスカーフは2002、2003秋冬のコレクションです。 素材はシルクで出来ていて、肌触りは抜群です。 色合いは衿元を引き締めてくれることでしょう。手帳は人気アイテムのひとつです。 耐久性、落ち着いた上品さは使うことが出来ます。 エルメスの手帳は人気が高く、手帳なのに手を抜かないワンランク上の品が、秘訣ともいえるでしょう。 手帳は種類も様々で、素材、形、おおきさともに違います。

手帳の素材は、オーストリッチや仔牛革など、数々のタイプが選べるカバーになっています。 エールラインのシリーズとはカジュアルの中に、エルメスの上品さを保っている、新しいタイプのシリーズです。 エルメスの手帳はステイタスアイテムといえるでしょう。エルメスの手帳は一流ブランドならではと言えます。 手帳は、薄手のタイプ、シンプルタイプ、ペン差しタイプなど豊富にあります。 手帳、ビビットピンクの手帳カバーの紹介です。 手触り感がいい、スェード調素材、エヴァーソフトの手帳カバーです。

見た目はピンクなのに大人っぽく、両サイドにポケットが1個ずつあり使いやす抜群。 中の中央には手帳の中身を留めるシルバー金具が付いています。 エルメスの手帳が好きになりました。 デザイナーを詳しくご紹介させて頂きます。 創始者はティエリ・エルメス。 セルッティのデザイナーとして持つ力を発揮し、活躍します。 その後、ヴェロニク・ニシャニアンは10年以上もの間、エルメスのメンズ・プレタポルテを率いて行くのです。ヴェロニク・ニシャニアンはエルメスのトレードマークの魅力を引き出しました。 上品な続けます。 エルメスのブランドの持つ、イメージを作り上げてきたのはヴェロニク・ニシャニアンと言えるでしょう。 彼は、10代からデッサンの勉学を学び、アントワープ王立芸術アカデミーを卒業後します。 マルタン・マルジェラはパリコレクションで、レディースのプレタポルテにてデビューを果たします。のち、1997年にデザイナーに就任します。部門はエルメスレディース・ウェアです。このコレクションでは斬新なウェアを発表しました。 成功を収め、エルメスのレディース・ウェアブランドの認知度を高めた立役者になります。 秋冬コレクションを期に、マルタン・マルジェラはジャン=ポール・ゴルティエへとデザイナーを託しました。 ■ジャン=ポール・ゴルティエ

ジャン=ポール・ゴルティエは2004年よりレディース・ウェアのデザイナーに就任します。 その後、ジャン・パトゥ、ジャック・エステレルなどで経験を積みます。 ジャン=ポール・ゴルティエの作品はアヴァンギャルドで、80年代のボンデージ・ファッションや下着ルックで一躍注目を浴びました。 1990年にはワールドツアーの衣装を手がけます。 ジャン=ポール・ゴルティエは、今、エルメスのデザイナーとしても高い評価を得ているのです。 エルメスとは1837年にティエリ・エルメスがパリで創業したことが始まりと言われています。 フォーブル・サントノーレ24番地がエルメス本店となっています。 その後はバッグだけに限らず、装飾品や服飾、スカーフや香水など、商品を展開します。 ケリーや、女優、ジェーン・バーキンにちなんだバーキン。 ブランドの中のブランドと言われるエルメスはその地位を確実に築いていくなります。 デザインやコレクションを生み出しているデザイナーです。